廃車 代行業者

廃車代行業者とは?

ここでは、廃車代行業者についてお話ししたいと思います。

 

廃車代行業者とは?

「廃車代行業者」とは、文字どおり廃車手続きを代行してくれる業者のことをいいます。

 

この業務は、「自動車リサイクル法」により、都道府県知事または、保健所設置市の許可を受けた業者のみが行えます。 
それ以外の業者に依頼すると、「永久抹消登録」や「解体届出」の必要書類が発行されないため「自動車重量税」などの還付が受けられないほか、不法投棄されるリスクもあります。

 

そのようなことを防ぐためにも、業者選びは慎重に行うことが大切です。

 

廃車代行業者に依頼するメリットは?

廃車手続きのためには「陸運支局」(軽自動車の場合は「軽自動車検査協会」)まで出向く必要がありますが、平日、しかも、昼間の時間帯ということがネックになります。
そんなときは、一連の手続きを行ってもらえる廃車代行業者に依頼すると大変便利です。

 

陸運支局などでの手続きは平日の昼間の時間帯のみですが、夜間や休日でも車を引き取ってもらえる廃車代行業者があります。
また、廃車手続きが面倒な人や、陸運支局までの往復に時間が掛かる人、陸運支局までの運転に自信がない人などにも、廃車代行業者への依頼はお勧めです。

 

これらの個々のケースに応じて、しかも、気持ちよく対応してくれる廃車代行業者を選びましょう。

 

廃車代行業者に依頼するときの注意点は?

廃車代行業者に依頼するときは、廃車による「返戻金」についても、きちんと説明があるかどうかも確認する必要があります。
特に、車の「買取」とは違い、有効期間の残りに応じて、月割り計算での「自動車重量税」や「自動車税」が戻ってくる可能性があります。
仮に「一時抹消登録」のみで海外輸出をされたりすると、「自動車重量税」などは戻ってきませんので、要注意です。